ベトナムドラゴンフルーツ
ベトナムドラゴンフルーツ
press to zoom
ベトナム産地
ベトナム産地
press to zoom
イエローピタヤ
イエローピタヤ
press to zoom

​ドラゴンフルーツについて

ピタヤとも呼ばれるサボテン科の多肉植物。
果皮が龍のウロコのように見えることが、

その名の由来です。
注目はなんと言ってもほのかな甘さと

豊富な栄養素
(葉酸・食物繊維・ビタミンB2・カリウム)
また低カロリーの健康食品としても注目されています。

果肉の色は白色と赤色があります。

ベトナム産ドラゴンフルーツ

現在日本に輸入解禁となっているドラゴンフルーツはベトナム産と台湾産がありますが、圧倒的な栽培面積を持つベトナム産がコストパフォーマンスで優位に立ち、大半がベトナム産となっています。

​果肉が白色のみ解禁となっておりましたが、 2017年1月に赤色も解禁されました。

イエローピタヤについて

サンカクサボテンの実で、ドラゴンフルーツの一種です。

写真はフィリピン・ミンダナオ島の丘陵地帯で栽培いるものです。

ちなみにコロンビア産も解禁されております。

外見から想像できない食味で糖度20度前後あり、とてもおいしいフルーツです。

栽培が難しいため、収穫のタイミングが不定期となっております。